本文へスキップ

節税対策&ヒント



節税対策&ヒント

HOME > 節税対策&ヒント
福利厚生費を活用して節税!

「福利厚生費」は、会社にとって経費となるだけでなく、恩恵を受ける従業員&役員にとっても非課税(所得税非課税)となるものです。是非活用したいですね。

福利厚生費で節税 - 通勤手当 (1)

通勤手当(通勤費)は、一定限度額までは所得税が非課税となります。ここでは、マイカー、自転車、電車など、通勤手段別の非課税となる条件等について解説しました。


福利厚生費で節税 - 通勤手当 (2)

通勤手当の仕訳処理方法、社会保険料の標準報酬月額の対象となること、その他 徒歩通勤の扱い等について解説いたしました。

福利厚生費で節税 - 慰安旅行 (1)

社員への福利厚生として慰安旅行(社員旅行)を実施する場合、一定の要件を満たせば、会社負担分については「福利厚生費」」として費用に計上できます。


福利厚生費で節税 - 慰安旅行 (2)

慰安旅行の費用を「旅行積立金」として給与天引きしている場合も多いかと思います。本ページではこの旅行積立金の取り扱い方法について解説いたしました。

福利厚生費で節税 - 食事代

社員への福利厚生として食事代を補助する場合、一定の条件をクリアすれば、会社の福利厚生費として計上でき、また社員(所得税)の課税対象にもなりません。




福利厚生費で節税 - 慶弔見舞金 (1)

慶弔見舞金を支給することにより、従業員の勤労意欲の維持・向上が図られるとともに、費用計上することにより節税の効果も得られます。

福利厚生費で節税 - 慶弔見舞金 (2)

従業員の家族への支給や、慶弔見舞金の支給金額の基準について説明しました。また「慶弔見舞金規程の記載例」も掲載いたしました。


福利厚生費で節税 - 慶弔見舞金 (3)

会社加入の保険金から支給する際の注意点、災害見舞金品の取り扱い、社外への慶弔見舞金の処理方法について解説いたしました。

福利厚生費で節税 - 健診費用 (1)

健康診断の費用を福利厚生費として処理するためには、幾つかの要件を満たす必要があります。ヒントを書きましたので、参考になさってみてください。



福利厚生費で節税 - 健診費用 (2)

健康診断の費用を福利厚生費として計上する前提条件として、「就業規則」もしくは「健康診断の規程」が必要となります。

福利厚生費で節税 - 健診費用 (3)

「一人会社」 の社長の健康診断、嘱託医による健康診断の可否についてまとめました。


福利厚生費で節税 - 制服の支給 (1)

会社の制服(事務服や作業服)が福利厚生費として処理できる(現物給与とならない)ための要件について解説いたしました。

福利厚生費で節税 - 制服の支給 (2)

制服の支給について、費用負担やスーツの扱いなど、諸要件以外の面で気を付けるポイントについて解説しました。


消耗品の購入で節税 (1)

本ページでは、事務用品などの消耗品の損金算入の条件、消耗品の種類等について解説しています。

消耗品の購入で節税 (2)

消耗品購入の際の注意点(大量購入、大量在庫など)、その他の補足事項などについてまとめました。


決算対策で節税 - 未払費用 (1)

会社の営業外の経費は、支払いが確定しているものについては、未払計上することができます。拾えるものは漏れなく拾い出して、節税しましょう。

決算対策で節税 - 未払費用 (2)

本ページでは、未払費用の仕訳例や、税務上の未払費用と未払金の区分の扱い等について解説いたしました。


決算対策で節税 - 社会保険料 (1)

本ページでは、「会社負担分の社会保険料」で節税する方法をご紹介します。これは基本的な会計処理ですので、ここは漏らさず、忘れず、ガッチリ実施したいところです。

決算対策で節税 - 社会保険料 (2)

会社負担分の社会保険料仕訳方法について解説しました。「月末に未払計上する方法」と 「支払い時に費用計上する方法」のいすれかの方法で処理するケースが一般的です。


決算対策で節税 - 社会保険料 (3)

「賞与の社会保険料の費用計上時期」、「役員賞与にかかる社会保険料」、「労働保険料の取り扱い」について解説しました。




決算対策で節税 - 固定資産税

固定資産税をはじめとする「賦課課税方式の租税」の損金算入時期についてご説明します。分割納付を選択されている場合は、是非ご覧ください。


決算対策で節税 - 短期前払費用 (1)

前払費用のうち、1年以内に期間が終了する「短期前払費用」を活用して節税してみましょう。経理の簡略化にも役立ちます。

決算対策で節税 - 短期前払費用 (2)

本ページでは、短期前払費用の根拠規定 (通達)「法基通2-2-14」の内容、仕訳方法、製造原価中の前払費用の扱いについて解説しました。


節税 - 付属品の購入時期を検討

後付け可能な付属品を後日に購入検討する方法について解説しました。本体と別個に取得することにより、少額減価償却資産として損金経理することも可能な場合があります。