本文へスキップ

青色申告特別控除の適用条件



青色申告特別控除の適用条件

HOME > 個人事業の開業 > 青色申告特別控除の適用条件
1. 青色申告特別控除の適用条件
2. 簡易帳簿の場合は10万円まで
3. 青色申告特別控除の計算方法



 青色申告者であり、かつ以下の条件を満たしている場合には、「65万円青色申告特別控除」が受けられます(簡易帳簿なら10万円の控除のみ)。

① 不動産所得 又は 事業所得 があること。
複式簿記による帳簿書類を作成すること。
③ 確定申告書に「貸借対照表」「損益計算書」を添付して提出すること。

 65万円に満たない場合は、その満たない金額までが限度となります。また、不動産所得と事業所得の両方がある場合は、不動産所得から先に控除されます。 





 青色申告者であっても、前述 「1.」 の条件を満たさない場合、つまり、(②の複式簿記による帳簿ではなく)「簡易帳簿」の場合には「10万円青色申告特別控除」の適用となります。

 帳簿をつけるのであれば、今後の事業の発展も考慮し、簡易帳簿ではなく「複式簿記による記帳」を選んでおいた方がベターですね。



 所得税の具体的な計算方法 および 「65万円の青色申告特別控除」の控除方法は、以下のとおりです。(「事業所得」の意味については後述記載)。


例えば、 年間収入が500万円、必要経費が120万円 であった場合、

事業所得は 収入500万円-必要経費[費用]120万円=事業所得380万円
となります。

そこから更に 基礎控除38万円、健康保険料6万円(仮)、国民年金保険税16万円(仮)、生命保険料8万円(仮)などの控除額を差し引いた金額
380万円-38万-6万-16万-8万=312万円
が課税所得金額になります。

白色 この金額に税率が掛けられ(330万円超の場合は10%)、所得税は 
課税所得金額 312万円×10%-課税控除額 9万7,500円=
21万4,500円 となります。

しかし、
青色(65万) この課税所得金額 312万円 から更に65万円を差し引くことができ
(312万円-65万円)×10%-課税控除額 9万7,500円=
14万9,500円 の所得税で済みます。

つまり、 白色申告 なら 所得税 214,500円
65万円の青色申告特別控除 なら 所得税 149,500円

(10万円の青色申告特別控除なら )


(白色よりも65,000円少なくて済む)となります。

 以上の計算の通り、500万円の収入(経費120万円)の場合、「65万円の青色申告特別控除」の適用を受けられるなら、所得税は 149,500円 となり、白色申告者よりも税額が65,000円も少なくて済みます。これは大きいですね。

 ちなみに、「10万円の青色申告特別控除」の場合は、所得税が 204,500円 となり、65万円適用よりも 55,000円 も多く納税する羽目になります。・・・なんだか もったいないですね。簿記3級の本を1冊買ってきて、複式簿記による記帳をマスターした方が、絶対にオトクですね。会計ソフトも良質で比較的安価なものが出回っていますので、それらを活用して 是非とも 「複式簿記デビュー」 したいところですね (「『会計ソフト』は必要不可欠」のページに会計ソフトの利点等を記載しました)。




 なお、上記の税金は、国が個人に対して課税する「所得税(国税)」のみの話です。その他にも、各地方自治体が個人に対して課税する「住民税(都道府県税&市町村民税)」や「個人事業税」などがあります。ご注意ください。

参考リンク:
国税庁 「所得税の税率
国税庁 「青色申告特別控除
国税庁 「所得税の青色申告承認申請手続」(申請用紙あり)